経営理念・ビジョンを全社に浸透し主体的な行動を促す

社長の仕事は部下に具体的な戦術を伝えることと思っていませんか?
経営理念は応接室の額に飾ってあるものだと思っていませんか?
私は社長が自分の想いを経営理念やビジョンを通じて語ることこそが、社員が主体的に行動するようになるカギと思っております。

会社案内 画像 白板上に文字

何をご提供するか?

会社の経営理念・ビジョンを社内に浸透することにより社員が主体的に行動するようになることをサポートする藤原 勝です。熱心に説明 講師

社員が主体的に顧客の声を吸い上げ、新たな製品やサービスを提案し顧客満足をより高めるお手伝いをします。商品・サービスの品質が上がりコストも下がります。社員の満足感、意欲もがり、会社で仕事をすることの誇りも強くなります。結果として長期安定的に利益が上がり成長していきます。

なぜこの研修を進めるのか?

私はこの20年間、日本国内はもとより中国、台湾、中央アジアのウズベキスタンの経営者や管理職に戦略、組織づくり、ロジカルシンキングなどの研修を行ってきました。同じ教材やケーススタディを使うことがあるのですが、意外な発見がありました。
一番で出来上がりのが良いのは日本人ビジネスマンですが、一番出来上がりに対して自信がないのが日本人でした。目先の事ばかりやっているのが日本人で傾斜はむしろ会社の将来を考えていました。
そこで私は有能だけど自信がない日本人ビジネスマンが自信を持って主体的に行動で切るようお手伝いしたいと強く思うようになりました。
また目先のことをち密に考える日本人に対して経営理念をどう実現するか、会社が顧客に独自の商品やサービスを提供で気つように中期ビジョンをとことん考える研修を推進することでこれらが次実現するように考えました。

私は30年ほど前職(富士フイルム)で人事担当から営業に配属になり売れずに苦しみました。他の同僚よりも一件でも多くお客様を回りまわり多くの提案をしても売れませんでした。苦しみました。その時に人事部主催の研修に出ましたが、苦しみの解決にはなりませんでした。その時に今度人事に戻ったら現場に立場に立って現場に役立つ研修をやろうとひそかに思いました。
結局は先輩の成果の出る行動を観察して学び、また尊敬する研修コンサルタントからヒントをもらい、売れるようになりました。

研修で大事にしていること

社長に説明 講師
◎単に研修で知識や分析の仕方を教えるだけではありせん。習ったことを職場の問題に当てはめて解決するようにお手伝いします。いわゆる「物知りを通る」のではなく、仕事に役立つ研修をします。具体的には職場で同活動したかのフォローミーティングを行います。

◎仕事がうまくいくには考えているだけではだめですよね。実際に行動し続けることが重要ですし、そのもとになる意欲がカギになって来ます。
私の研修は思考だけでなく、身体感覚や感情にアプローチする手法を使います(ゲシュタルト・アプローチ)。
このアプローチによって実際に表情、目つき、呼吸、姿勢が変わってきます。自信のない方も前向きで頼りがいのある外観に変わって行きます。もちろん行動も積極的になります。だから経営者、部下を持つマネージャー、お客様を相手にする営業販売の人も信頼感が得られるようになります。

講師 藤原 勝

とことん現場に入り込み、売上を8倍以上にしてきた行動をともにします

 

講師 スマイル 腕組
会社の経営理念・ビジョンを組織に浸透させることで主体性を引き出すプロデュ―サー。
ビジョンカムトゥルー株式会社 代表取締役。日本ゲシュタルト療法学会公認トレーナー。
TA研究部会運営委員長。剣道教士七段。三重県生まれ、大阪育ち。

40代までは富士フイルムの人事や営業部門で現場の人やお客様に怒られ苦労した。ところが社内の人事教育を受講しても役立たない。自分が教育担当になったら現場に役立つ教育をしたいと決意。苦労したからこそ営業や部下マネジメントに困っている人に成功のコツを伝えられる。
ビジネススクールや海外の心理療法を学びカスタマイズし教育プログラムに活かす。
現場に入り問題解決しお客様から「どうしてうちの会社の事がそんなにわかるのか」と言われる。
中央アジアのウズベキスタンでは指導した会社が8倍の売上に。リピート率86%。

マネージャーが会社の経営理念とビジョンを消化し「脳から汗が出るほど考える」と言われる中期課題設定研修は多くのファンを持つ。
著書の「3時間であなたの戦略をつくる」「苦手なタイプの部下指導育成のコツ」「苦手で嫌な上司との付き合い方」は事例が豊富でわかりやすいと好評。
経営者の経営理念を基に管理職が中期ビジョンを描き、本気の部下たちを率い実践することで国内外の企業を元気にしたいと想い東奔西走中。

 

運営会社

 

商号ビジョンカムトゥルー株式会社
所在地〒243-0039
神奈川県厚木市温水西1-15-6
TEL0462-211-6271      携帯 080-6602-3193
HP http://vison-ct.co.jp
設立2005年12月
代表者代表取締役社長 藤原 勝(ふじわら まさる)
事業内容
  • 研修
    経営理念・ビジョン設定研修(「中期ビジョン設定研修」)
    360度多面評価によるリーダーシップ開発
    主体性を引き出す組織風土変革研修
    健全なマネジメントのためのパワハラ防止・部下育成研修
  • 公開コースNewライフアドベンチャーセミナー
研修実績○富士フイルム、富士フイルムグループ(医療、印刷(国内・中国)、電子部品(日本・台湾)・保守、化学、ディスプレィ、イメージング(日本・中国)、ビジネスサプライ)
○出光興産、ウズベキスタンビジネススクール(JICA派遣)、NECソフトウェア、NTTソフトウェア、HRI、ガイアプロモーション、介護労働安定センター、キヤノンイメージング、交流分析協会、産業カウンセリング協会、JA、JT、シマノ、ストライカー・メドテック、聖隷病院、積水エンジニアリング、武田薬品、テクノコア、テルモ、東京ガス、トッパンフォームズ、日本新聞協会、ノバルティスファーマ、堀場製作所、三井化学、三井不動産、三菱電機、三菱ガス、南足柄市役所、リコーなど (敬称略、あいうえお順)